小規模事業者支援ガイドブック4 支援者のための小規模事業者のIT利活用サポートブック 生産性向上への取組みを中心に
24/98

図式化するにあたって、「仕事(業務)のかたまり(区分)」が判別しにくい場合は、巻末に掲載する「業務区分例(製造業)」などを参考にして下さい。 具体的な図式化の⼿順(ヒアリングしながらの図式化例:レストランの場合) ⽀援者「お取引の始まりって何からですか?」 事業者「来店あるいは事前の予約からです」 ⽀援者「予約は電話と他にどんな場合がありますか?」 事業者「基本的に電話だけです。 常連さんは来店時に予約されることもあります。」 ⽀援者「予約受け付け時は何かに記録しますか?」 事業者「⼿書きの予約台帳があります。 予約受付時や変更時に確認して修正します。」 ⽀援者「次は来店になりますね。来店時は・・・」 事業者「来店されたら予約の有無をお伺いします。 予約台帳を確認するとともに・・・」 ・・・来店受付予約受付顧客来店受付予約受付顧客顧客電話のみ予約連絡常連さんは来店時に口頭も来店受付予約受付顧客顧客電話のみ予約連絡常連さんは来店時に口頭も変更・キャンセル予約台帳予約内容手書き来店受付予約受付顧客顧客電話のみ予約連絡常連さんは来店時に口頭も変更・キャンセル予約台帳予約内容手書き来店人数・予約の有無予約情報20中小機構・小規模事業者支援ガイドブックⅣ

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る