平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
90/142

88 株式会社マ印神内商店/有限会社中山農場北海道(標津町/別海町)偶然の出会いとアイデアから新しい道産品のコラボが生まれたたことがきっかけになったという。 有限会社中山農場の動きは迅速だった。翌月には札幌の百貨店で試作品の試食マーケティングを行ったのだ。バイヤーから商品化を強く要望されるほど好評だった試作品の商品化を、株式会社マ印神内商店と検討するまでにそれほどの時間はかからなかった。 しかし、量産化にあたっては、1つの課題があった。有限会社中山農場では、自社の乳製品加工部門「なかやまミルク工房」でチーズを製造しているが、規制などにより、水産加工のラインを増設することが難しかったのだ。そこで、無添加にこだわった水産加工を行っている株式会社マ印神内商店が、加工を担うことになった。 有限会社中山農場のある別海町は酪農の町、株式会社マ印神内商店のある標津町はサケの町として知られている。株式会社マ印神内商店の神内真知雑談の中にヒントを見出し迅速に具体化していく 水産加工業者の株式会社マ印神内商店と、酪農を営む有限会社中山農場の出会いは、同じイベントに参加したことだった。東京で行われた視察と物産展を兼ねたイベントに試食用として提供したスモークサーモンとチーズの食べ合わせが、来場者にとても好評だっ醤油と酒だけから作ったタレに漬け込んだ秋鮭を桜チップでスモークし、生乳だけから製造したゴーダチーズをミルフィーユ状に重ねて、スライス。美しい切り口は、目も楽しませる。ファンド名北海道農商工連携ファンドファンド運営管理法人北海道商工会連合会事業メニュー事業化推進事業申請テーマ別海町の新鮮な牛乳のチーズと標津町の鮭を組み合わせた新商品の開発・販路開拓助成期間平成24年6月1日〜平成25年3月31日社名株式会社マ印神内商店事業内容サケ、イクラなどの水産加工業代表者代表取締役 鎌田健仁設立年昭和52年所在地北海道標津郡標津町北9条東1-1-6TEL0153-82-2384FAX0153-82-3280URLhttp://www.jinnai-shouten.com/従業員数20人資本金1,000万円社名有限会社中山農場事業内容牛乳、乳製品製造・販売代表者代表取締役 中山勝志設立年平成8年所在地北海道野付郡別海町中春別307-2TEL0153-76-1777FAX0153-76-1515URLhttp://www.nakayama-farm.com/従業員数21人(パート・研修生含む)資本金300万円事業化までの道程会 社 概 要農商工連携型地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例平成23年平成24年平成26年視察がきっかけで「鮭とチーズのミルフィーユ」のアイデアが生まれる百貨店の地下食品売り場で試作品の試食を実施「北海道農商工連携ファンド」採択、本格的な開発を開始各種展示会に出展「むらおこし特産品コンテンスト」最優秀賞受賞

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 90

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です