平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
64/142

62 株式会社イワタ木工広島県(廿日市市)伝説のけん玉を改良しブランド化ワールドカップ開催で町おこし 近年、海外ではけん玉ブームが起こり、世界中のプレーヤーは100万人を超える。その多くが“子どもの遊び”としてではなく“大人の競技、スポーツ”として楽しんでいる。 同社がかつて製造していた「夢元けん玉」は、公益社団法人 日本けん玉協会から競技用の公式けん玉に認定され、“伝説のけん玉”としてプレーヤーたちから特別視されてきた。諸般の事情で製造中止してからも復活を望む声は大きく、海外オークションでは3万5,000円〜11万円の高値が付くほどの人気だ(販売時の定価1,230円)。グレードアップしたけん玉で新たな伝説に挑戦 平成25年、岩田知真社長は「夢元けん玉」を超えるけん玉の製造を構想する。しかし、当時けん玉は1つ1つ手作業で作っており、しかも作れるのは伝説のけん玉の復活を世界中のファンが待望 広島県廿日市市は古くから木工で栄え、日本の“けん玉発祥の地”としても知られる。株式会社イワタ木工では、約20年前から熊野筆のメイクブラシを製造しており、その木工轆轤(ろくろ)や塗装の技術を生かして、平成16年よりけん玉の製造を開始した。車のボディを思わせる美しく洗練された玉、競技性を追求した設計、高精度でブレの少ない使用感。プレーヤーの理想を実現した「夢元無双」は、海を越えて世界中でファンを拡大している。ファンド名ひろしまチャレンジ基金ファンド運営管理法人公益財団法人 ひろしま産業振興機構事業メニュー新事業創出チャレンジ企業支援事業事業化推進事業(研究開発)申請テーマ広島の伝統工芸であるけん玉を海外普及させる助成期間平成25年6月20日〜平成26年3月10日事業化までの道程地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例社名株式会社イワタ木工事業内容熊野筆のメイクブラシの製造、けん玉の製造代表者代表取締役 岩田知真設立年平成26年所在地広島県廿日市市峠245-85TEL0829-74-1558FAX0829-74-1561URLhttp://www.iwata-mokko.jp/従業員数20人資本金800万円会 社 概 要平成4年平成16年平成25年平成26年「イワタ木工」創業熊野化粧筆の製造を開始けん玉の製造を開始日本けん玉協会認定「夢元けん玉」の製造開始「ひろしまチャレンジ基金」に採択オリジナルけん玉「夢元無双」の製造開始「株式会社イワタ木工」を設立「夢元無双」の販売開始

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 64

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です