平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
62/142

60 株式会社ティーアールエス岡山県(岡山市)新素材の応用と技術開発で完成した体にやさしい医療用ガイドワイヤー ガイドワイヤーとは、チタン合金などを針金状に成形し、樹脂でコーティングした医療器具。心筋梗塞の治療などで血管にカテーテルを挿入する誘導線として使われる。同社はワイヤーを専門に製造。直径0.2mmの微細血管用、同0.4〜0.9mmの血管造影検査用など多様なタイプを開発し、平成15年からOEM(相手先ブランド生産)で国内外の医療機器メーカーに供給してきた。 ガイドワイヤーには“細さ”と“コシの強さ”という、相反する性能が求められる。細ければ細いほど、血管内壁を損傷するリスクが低減できる上に、より細い血管への使用も可能となる。一方で、狭い血管内を術者の思いどおりに進んでいくためには、適度な硬さとしなやかさが欠かせないのだ。 また、手元での微妙な操作に対応して先端部に正確に力を伝えるためには“先端が柔軟で手元側が硬い”という数々のオンリーワン技術を自社で一貫生産 医療器具メーカーの株式会社ティーアールエスは、カテーテル治療に用いる「医療用ガイドワイヤー」の製造・販売を行う企業。埼玉県の本社では、製品企画と販売を、岡山市の「岡山リサーチパーク」内にある生産技術研究所では、研究・開発・生産を実施している。「きらめき岡山創成ファンド」を活用して開発した「微細血管用ガイドワイヤー」。最も細いものは太さ0.1mm。髪の毛と同等の太さを実現している。ファンド名きらめき岡山創成ファンドファンド運営管理法人公益財団法人 岡山県産業振興財団事業メニューミクロものづくり分野の新事業育成支援事業重点分野育成型支援事業申請テーマ新規なニッケル・チタン合金製治療用ガイドワイヤーの開発助成期間平成23年7月5日〜平成24年6月29日平成24年7月2日〜平成25年6月28日事業化までの道程地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例社名株式会社ティーアールエス事業内容第一種医療機器製造販売業代表者代表取締役 橋本輝夫設立年平成9年所在地岡山県岡山市北区芳賀5321(岡山リサーチパーク内)TEL086-286-8410FAX086-286-8411従業員数40人資本金3,000万円会 社 概 要平成15年平成16年平成20年平成22年平成23年平成25年医療機器ガイドワイヤー製造販売承認許可検査用(血管造影用)ガイドワイヤーのラインアップ生産技術研究所設立(岡山リサーチパーク内)第一種医療機器製造販売承認許可取得フィリピン工場建設「きらめき岡山創成ファンド」に採択医療用ガイドワイヤー、内視鏡用ガイドワイヤーの生産開始

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 62

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です