平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
50/142

48 株式会社パルスパワー技術研究所滋賀県(草津市)最先端の科学研究にも採用される世界トップレベルの電源技術性能を持つ電源だ。身近な例では、非破壊検査装置やがん治療の装置などで、X線を発生させるために使用される。また、平成25年のノーベル賞で知られる「ヒッグス粒子」を発見した欧州原子核研究機構(CERN)には、パルス電源を使用した大型ハドロン衝突型加速器が設置されている。「パルス電源は、市場は小さいけれど高い技術力が必要な分野です。しかし、技術力を高めるためには、多くの経験が必要で、大企業が本格的に参入するには採算性が低い。そこに、専業メーカーとしてのチャンスがあるのではと考えました」と、徳地氏は語る。基礎となる技術を確立しニーズに応える体制を構築 従来、高電圧を扱うパルス電源には真空管が使用されていた。しかし、真空管は短寿命で小型化が難しく、パルニッチな分野だからこそ中小企業に勝機がある 平成21年に、徳地明氏がたった1人で起業した株式会社パルスパワー技術研究所が取り扱うのは「パルス電源」だ。これは、極めて短い時間の間に電気エネルギーを放出し、瞬間的に高電圧、大電流の電力=パルス電力を発生させることができる、といった特殊な①イオン源電源 ②がん治療用高電圧パルス電源 ③ダンピングリングキッカー電源 ④ミュオン振分用電源❶❷❸❹事業化までの道程地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例ファンド名しが新事業応援ファンドファンド運営管理法人公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ事業メニュー地域資源活用新商品・新サービス開発事業申請テーマ地域資源「電子機器」を活用した可搬型非破壊検査用小型高電圧パルス電源開発事業助成期間平成23年10月1日~平成26年9月30日社名株式会社パルスパワー技術研究所事業内容高電圧パルス発生装置の開発・設計・製造・販売およびパルス電源に関する技術コンサルタントおよび共同研究代表者代表取締役 徳地明設立年平成21年所在地滋賀県草津市野路東7-3-46滋賀県立テクノファクトリー2号棟TEL077-598-1470FAX077-598-1490URLhttp://www.myppj.com/従業員数7人資本金1,000万円会 社 概 要平成21年平成23年平成24年平成26年平成27年平成28年平成25年創業ファンドにより電子銃電源を開発ファンドにより加速電源を開発ファンドによりパルストランスを開発展示会などに出展大強度陽子加速器施設「J-PARC」に納品X線自由電子レーザー施設「SACLA」に納品

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です