平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
38/142

36 丸石醸造株式会社愛知県(岡崎市)“安全・安心”“本格志向”を追求した地元農産物を使ったリキュールの開発だ。同社の代表的な清酒銘柄には「徳川家康」「三河武士」の名が冠されており、300年以上この地で営む同社の地元への深い愛情をうかがわせる。第二次世界大戦の戦災で多くの酒蔵を失ったが、戦後、焼失を免れた酒蔵で清酒造りを再開し、業績を回復させた。 しかし、ワインブーム、焼酎ブーム、若者のアルコール飲料離れに押され、全国の清酒の売上は下降線をたどるようになった。国税庁の統計によれば、清酒の製成数量は昭和48年の142万1,000klをピークに、平成24年には43万9,000klと大幅減。その余波は同社にも押し寄せた。伸び悩む清酒の売上を思わぬヒット商品が解消した 同社の強みであった清酒が落ち込み、弱り果てた代表取締役の深田達彦江戸時代に創業を開始した清酒造りの老舗店 愛知県岡崎市は徳川家康の生まれ故郷。家康は忠実な家臣たちである三河武士とともに戦乱の世を終わらせ、江戸の太平を築き上げた。 元禄3年に家康ゆかりの地である東海道の岡崎宿で清酒や醤油、味噌の製造で創業したのが丸石醸造株式会社猿さなげ投の桃、蒲郡の蜜柑、一宮の苺を原料にした「魅惑のリキュール」。価格は桃と蜜柑が1,280円(500ml)、苺が1,480円(500ml)。フルーツ本来の味わいを感じることができ、女性に人気が高い。ファンド名あいち中小企業応援ファンドファンド運営管理法人公益財団法人 あいち産業振興機構事業メニューあいち中小企業応援ファンド助成事業申請テーマ愛知の清酒と農産物を主原料に果汁の香味豊かな本物志向リキュールの開発と販路拡大助成期間平成24年4月2日~平成25年3月29日事業化までの道程地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例社名丸石醸造株式会社事業内容清酒醸造代表者代表取締役社長 深田達彦設立年昭和22年(創業元禄3年)所在地愛知県岡崎市中町6-2-5TEL0564-23-3333FAX0564-22-0539URLhttp://014.co.jp従業員数12人資本金1,000万円会 社 概 要平成24年平成25年原料となる果物を入手し、試作を開始リキュールに含まれる微生物検査「魅惑のリキュール」販売ソウル国際食品産業展(FOOD WEEK 2012)に出品愛知フェアin上海に出品FOODEX JAPAN 2013に出品

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です