平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
134/142

132 有限会社白水舎乳業/石川牧場宮崎県(宮崎市)“生乳”がおいしさと機能性を両立海外の注目も集める和製ヨーグルト地元産の生乳と甘酒で新しい価値を生み出したい「宮崎平野の牛乳で栄養価の高い甘酒をつくることができないだろうか」。以前から温めていたアイデアを、具体的に形にしようとしたきっかけは、平成22年の口蹄疫の流行だったと白水舎乳業の都成氏は振り返る。「地元のために何かしたい」という思いを、かつてソフトクリームの移動販売を始める際にさまざまな支援をしてくれた公益財団法人 宮崎県産業振興機構に相談すると、「みやざき農商工連携応援ファンド」を紹介されたという。連携体を構成する農業者は、以前から取引のある石川牧場で、同牧場の石川氏も即断したという。 ヨーグルト製造の経験もない都成氏の「牛乳甘酒」の開発は甘酒製造会社の見学から始まった。原料となる米麹の社名有限会社白水舎乳業事業内容牛乳・乳製品・乳飲料の製造・販売・各種健康飲料の販売代表者代表取締役 都成謙三設立年大正8年所在地宮崎県宮崎市宮崎駅東3-2-5TEL0985-29-2988FAX0985-22-8195URLhttp://www.hakusuisha.jp従業員数22人(パート含む)資本金500万円会 社 概 要宮崎産の生乳に国産の米麹を作用させることで、ジャパニーズヨーグルトと呼ばれる「百ひゃくびゃくこうじ白糀」が生まれた。消費者のニーズに応え、生姜味が平成28年よりラインアップされている。ファンド名みやざき農商工連携応援ファンドファンド運営管理法人公益財団法人 宮崎県産業振興機構事業名農商工連携新商品等開発促進事業申請テーマ米麹を利用した新しい乳飲料の開発助成期間平成23年6月1日〜平成25年5月31日事業化までの道程農商工連携型地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例社名石川牧場事業内容酪農・和牛繁殖代表者代表 石川幸保設立年昭和34年所在地宮崎県宮崎市高岡町花見4180TEL&FAX0985-82-5003従業員数5人(パート含む)資本金300万円平成23年平成25年平成26年8月〜平成26年8月12日平成27年9月〜平成26年1月〜「みやざき農商工連携応援ファンド」により「米麹を利用した新しい乳飲料の開発」を申請・採択試作品完成、テスト販売「ものづくり補助金」により、製造ラインを設置地域資源活用事業認定「ふるさと名物応援補助金」にて、販路開拓中「フードビジネス雇用拡大推進事業」により、専任スタッフを雇用

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 134

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です