平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
132/142

130 有限会社あじさい/長崎ザボン振興会再び長崎の名産にとの思いが結実した世界も認めるざぼんスイーツの誕生長崎県(諫早市/長崎市)がなると評判になり、九州を中心に日本各地に広まっていった。 昭和23年に小畑実の歌う「長崎のザボン売り」がヒットしたことがきっかけで長崎の名産品はざぼんであるとの認識が全国に知れ渡った。当時は長崎駅に降り立つと、この曲がホームに流れていたという。特にざぼんの中皮を砂糖漬けにした「ざぼん漬」は、カステラと同様に長崎の土産物として人気の商品となっていった。 ところが、病害によって県内に数多くあったざぼんの木はほとんど伐採されてしまった。県内でのざぼん生産量は衰退。近年ではざぼんが長崎の特産品であるということを知っている者は、先の「長崎のザボン売り」を知っている50代以上の人々を除けば、ごく少数になってしまっているという。360年以上の歴史を誇る長崎の名産品ざぼん 長崎県は全国一の収穫量を誇るびわ(農林水産省調べ)が有名だが、ざぼんも忘れてはならない名産品である。 中国原産の柑橘類であるざぼんは1667年に唐船で種が日本に運ばれ、長崎市の西山神社で蒔かれたのが始まりとされている。香りがよく、大きな実「長崎ザボンdeショコラ」は、カカオ55%のチョコレートでざぼんのピールをコーティング。ざぼん独特の苦みと風味をそのまま閉じ込め大人向けスイーツに仕上げた。ファンド名長崎県農商工連携ファンドファンド運営管理法人長崎県商工会連合会事業メニュー農商工連携事業申請テーマ長崎県産品「長崎ザボン」を使ったスイーツの商品開発及び販売助成期間平成22年3月1日~平成23年2月28日社名有限会社あじさい事業内容菓子製造、OEM生産受託、オンラインショップ代表者代表取締役社長 保坂恵子設立年平成3年所在地長崎県諫早市多良見町囲462TEL0957-43-5856FAX0957-43-5002URLhttp://ajisaikabou.com従業員数5人資本金300万円組織名長崎ザボン振興会事業内容長崎ザボンの生産代表者代表 中尾順光設立年平成18年所在地長崎県長崎市矢上町1-17TEL095-839-1115事業化までの道程会 社 概 要農商工連携型地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例平成22年平成23年平成25年平成28年助成事業採択チョコレート加工機エンローバーをリース西日本新聞に広告を掲載展示会に「ざぼんゼリー」「長崎ザボンdeショコラ」を出品「ざぼんゼリー」販売開始「長崎ザボンdeショコラ」販売開始「長崎ザボンdeショコラ」長崎四季畑認定ベルギーの国際味覚審査機構の審査会で「長崎ザボンdeショコラ」が優秀味覚賞を受賞「長崎ザボンdeショコラ」大手商社取り扱い予定

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 132

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です