平成27年度 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)事業化事例集
128/142

126 株式会社けんかま/四万十マヒマヒ丸企業組合高知県(須崎市/四万十町)地元の漁業協同組合と提携しシイラで新しい練り製品を開発 同社では以前から県内各地の生産品と連携した商品開発を積極的に行っており、数々のヒット商品を生み出している。たとえば、須崎で採れるミョウガの商品にならない茎部分を練り込んだ「みょうがちゃんの天ぷら」や、製紙会社や酒造メーカーとコラボした、恋に効くかまぼこ「恋かま」等がある。そうした実績を買われ、平成21年、県の中央漁業指導所から、興津港で水揚げされる「シイラ」を使った商品の開発を持ち掛けられた。 シイラは鮮度が落ちるのが早く、日本では低級魚として扱われてきたが、ハワイやアメリカ、香港などでは高級魚として食されている。興津漁業協同組合ではシイラ本来の旨味や風味を広げるため、平成21年に四万十マヒマヒ丸企業組合を立ち上げていた。そこで、中央漁業指導所が間に入り、株式会社けんかまとのマッチングを図っ興津港で揚がるシイラを有効活用する試みがスタート 株式会社けんかまは、須崎市のかまぼこ業者20社が合同して昭和36年に創業。かまぼこ、ちくわといった水産練製品を筆頭に、天ぷらや須崎名物の鍋焼きラーメン等の製造販売を行ってきた。今では高知を代表する企業の1つとして、全国にも知られる存在である。農商工連携型地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)■事業化事例主力商品の「かにっちょちくわ」は、関東圏の大手食品スーパーチェーンの惣菜コーナーから人気に火が付いた。平成25年度には「高知県地場産業大賞奨励賞」を受賞した。社名株式会社けんかま事業内容水産練加工業代表者代表取締役社長 浦岡進設立年昭和36年所在地高知県須崎市下分乙805-1TEL0889-42-2510FAX0889-42-2568URLhttp://www.kenkama.co.jp/従業員数105人(役員含む)資本金7,500万円組織名四万十マヒマヒ丸企業組合事業内容漁業代表者代表理事 徳弘伸一設立年平成21年(創業昭和24年)所在地高知県高岡郡四万十町興津1930-2TEL0880-29-5811FAX0880-29-5812従業員数7人(パート含む)資本金24万円事業化までの道程会 社 概 要ファンド名こうち農商工連携基金申請テーマシイラ事業再生を目指したシイラ加工食品および安定供給システム構築事業ファンド運営管理法人公益財団法人高知県産業振興センター助成期間平成24年8月1日〜平成25年3月31日平成25年4月1日〜平成26年3月31日平成26年4月1日〜平成27年3月20日事業メニュー農商工連携事業化支援事業平成21年平成24年平成25年平成26年株式会社けんかまと四万十マヒマヒ丸企業組合の連携開始「こうち農商工連携基金」に採択シイラの保存技術の確立および商品開発に本格着手シイラ商品5品目完成・販売開始「かにっちょちくわ」の販売開始「高知県地場産業大賞奨励賞」を受賞シイラ商品の販路開拓

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 128

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です