IncuRep7_web
34/36

全国32拠点、入居企業数560社以上。(2016年3月末現在)中小機構は国内最大級のインキュベーション事業者です。インキュベーションとは、英語で“(卵などが)ふ化する”という意味で、これになぞらえ、新しいビジネスの成長・事業化を促進することを「(ビジネス)インキュベーション」と称し、そのための施設を(ビジネス)インキュベータ(略称 : BI)と呼びます。➡ インキュベーションとしての活動内容については、02ページをご覧ください。インキュベータでは、皆さまに適した事業スペースを提供する「ハード」と、インキュベーションマネージャー(IM)を通じ様々なサービスを提供する 「ソフト」の2つの側面により、ビジネスをサポートしています。➡ 具体的な活用事例については、15~32ページの「BI入居企業 活動報告」をご覧ください。インキュベーションマネージャー(IM)とは、インキュベーション入居企業および周辺地域企業の皆さまの新規事業の展開を様々な面からサポートするために、施設内のIM室に常駐する支援スタッフです。中小機構のインキュベーションでは、中小機構、自治体、支援機関、大学等の異なる組織から編成されたIMによって多面的な企業支援を行っています。➡ 詳細は、05ページをご覧ください。中小機構は、国の機関(経済産業省所管独立行政法人)として、中小企業が抱える課題や要望について、様々な角度から具体的な支援策を提供しています。中小機構のインキュベーション事業は、全国ネットワークと公的機関 であるという特性を生かし、皆さまのお役に立つとともに、将来に向けての 新しい産業構造の構築・地域経済の発展に寄与することを目指しています。インキュベーション事業 平成27年度活動報告33

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です