令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
49/166

■ 47 ■©2021 SMRJ(5)相続が発生する際に予想される問題点はありますか?・ 法定相続人及び相互の人間関係・株式保有状況等の確認は行っていますか?・ 相続財産の特定や、相続税額の試算、納税方法(相続税・贈与税の納税猶予制度)の検討などは行っていますか? 【将来の見通し】(6)中長期的な経営計画を作成しましょう。・ 会社の現状を詳細に分析した上で、中長期的な方向性(経営ビジョン)の決定、売上高、利益等の数値目標を設定し、これらの達成に向けた具体的な行動予定や作業項目を明らかにすることが重要です。(7)事業承継の具体的な時期を検討しましょう。・ 事業承継対策には、一定の期間が必要です。具体的な取り組み時期を検討して、早めに取りかかりましょう。(8)さまざまな支援策があります。会社の課題に応じて活用を検討しましょう。・ 経営承継円滑化法による相続税や贈与税の納税猶予制度、民法特例や金融支援策の活用。・ 事業用財産の後継者への集中を図るため、遺言の活用を検討。・ 株式を分散させないために、定款に「譲渡制限」ならびに「相続人に対する売渡請求」規定を設けることなど。・ 経営者保証を不要とする新たな信用保証制度の活用Ⅲ 親族内承継・親族外承継(従業員等)の対策 3.事業承継計画の作成にあたって

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る