令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
37/166

■知的資産経営報告書の作成による事業の見える化■事業承継計画を策定することによる計画的な取り組み (経営承継円滑化法(事業承継税制)の特例承継計画の活用)■経営改善 ■経営革新   ■ITの活用 ■国際化■経営承継円滑化法(遺留分に関する民法の特例)の活用 (中小企業庁)(事業承継税制)の特例承継計画■後継者育成セミナーへの参加 (経営後継者研修(中小企業大学校・東京校))事業承継税制■中小企業庁(民法特例の申請)、等■都道府県窓口■都道府県窓口都道府県窓口、日本政策金融公庫都道府県窓口、日本政策金融公庫都道府県窓口■都道府県窓口■事業承継・引継ぎ支援センター事業承継・引継ぎ支援センター)事業承継・引継ぎ支援センター)事業承継・引継ぎ支援センター)事業承継・引継ぎ支援センター)■事業承継・引継ぎ支援センター■知的資産経営報告書の作成による事業の見える化■事業承継計画を策定することによる計画的な取り組み (経営承継円滑化法(事業承継税制)の特例承継計画の活用)■経営改善 ■経営革新   ■ITの活用 ■国際化■経営承継円滑化法(遺留分に関する民法の特例)の活用 (中小企業庁)(事業承継税制)の特例承継計画■後継者育成セミナーへの参加 (経営後継者研修(中小企業大学校・東京校))事業承継税制■中小企業庁(民法特例の申請)、等■都道府県窓口■都道府県窓口都道府県窓口、日本政策金融公庫都道府県窓口、日本政策金融公庫都道府県窓口■都道府県窓口■事業承継・引継ぎ支援センター事業承継・引継ぎ支援センター)事業承継・引継ぎ支援センター)事業承継・引継ぎ支援センター)事業承継・引継ぎ支援センター)■事業承継・引継ぎ支援センター■ 35 ■©2021 SMRJ相談者が意識している心配ごとだけでなく、事業承継で一般的に課題となる項目について潜在的な心配ごと等がないか確認することが大切です。例では実線○印は相談者が意識しているもの、点線○印は意識していないが確認が必要、掘り下げが必要と思われるもの、という観点でチェックしたことを示しています。記入例は、「財産承継」や相続紛争」に悩みをもっている相談者の例ですが、話を聞く中で「税務対策」等についても検討が必要と思われる場合は、関連する項目についても「潜在ニーズ」としてチェック(点線○印)し、これらの潜在ニーズに対応する施策を紹介するようにしてください。Ⅱ 事業承継支援における相談対応の概要 2.事業承継の相談対応の流れ

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る