令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
3/166

©2021 SMRJ■ 1 ■はじめに わが国の企業数の99.7%、雇用の68.8%を占めている中小企業(平成28年6月時点)。今、この中小企業の経営者の高齢化と後継者の確保が問題となっています。 中小企業の経営者は、後継者問題に関して誰にも相談しないケースも多く、支援者から見えにくい状況と言えます。その結果、支援者においては、支援の場数を踏むことができず、専門的知識を有していないなどの理由から、この問題に対する苦手意識を持っている方も少なくないのではないでしょうか。 円滑な事業承継を行うためには十分な準備が必要です。これができなければ、後継者不在による廃業へと繋がります。 そのためには、中小企業の経営者の意識の水面下に隠れている事業承継問題についての掘り起こしが不可欠であり、経営者に接している支援者の日々の活動に期待されるところです。 令和3年4月より、各都道府県に「事業承継・引継ぎ支援センター」が誕生しています。本マニュアルが、事業承継支援者の皆様の経営者の意識の掘り起こしから始まる事業承継支援の能力の更なる向上に資することを強く願ってやみません。独立行政法人 中小企業基盤整備機構

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る