令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
22/166

■ 20 ■©2021 SMRJ事業承継の現状は? 中小企業の休廃業・解散件数は、近年約4万社を超える数で推移しています(図表1)。また、休廃業・解散企業の代表者の年齢は60歳以上が増加傾向にあります(図表2)。これらのことから日本経済を支える中小企業・小規模事業者の雇用や技術の喪失といった観点も含め、事業承継の問題がクローズアップされています。図表1:休廃業・解散件数の推移図表2:休廃業・解散企業の代表者年齢の構成比010,00020,00030,00040,00050,00034,800引用:(株)東京商工リサーチ「2020年「休廃業・解散企業」動向調査」※東京商工リサーチが保有する企業データベースから、「休廃業・解散」が判明した企業を抽出した。「休廃業・解散」は、倒産(法的整理、私的整理)以外で事業活動を停止した企業と定義した。(年)(件)37,54841,16240,90946,72443,34849,69833,475201320152016201720182019202020142013201420152016201720182019202017.9%41.8%24.5%12.0%33.6%35.7%12.8%33.7%35.3%14.0%33.3%34.8%14.6%35.7%33.0%17.2%37.5%29.0%16.9%39.1%27.5%引用:(株)東京商工リサーチ「2020年「休廃業・解散企業」動向調査」Ⅰ 中小企業を取り巻く事業承継の現状と計画的な事業承継の取り組みの必要性事業承継の現状は?

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る