令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
17/166

©2021 SMRJ■ 15 ■   特に『前工程支援』が重要です。   継支援機関における支援としては想定していません。  役割は、 『①進捗状況の確認』 と『②進捗状況の確認で明らかとなった経営課題について、 A≒知的資産※2の承継にかかる問題などの解決) の承継等を巡る課題の解決)< この工程で自社・経営者自身が解決する課題例 >■事業そのものの承継 引き継ぐべき“事業のDNA”(=知的資産※2)の認識と承継上の課題 整理(「守るべきもの」、「改革していくべきもの」の見える化)■後継者の課題(選定、経営者マインド向上、経営力育成)■後継者への財産承継・経営権承継の課題■経営体制・組織体制・事業運営体制等の課題 (事業運営体制の見える化と後継者による理解、事業のDNA・魅力の 見える化)< この工程で専門家の協力により解決する課題例 >■税務上の課題/法務上の課題■経営承継円滑化法を活用した計画的な承継後 工 程 支 援 Step 3 計画策定整理された課題に基づき計画を策定する確認する決める繋ぐ個々の課題解決の主体となる支援者の整理承継計画立案支援個々の専門家への橋渡し等承継計画に沿った承継手続(バトンタッチ)専門的課題の解決 (output)事業承継計画  (output)解決策の実行結果  (output)解決策の実行結果   (input)●施策等フローチャート●相談対応チェックリスト専門家による課題解決へ経営者による課題解決へ

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る