令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
138/166

■ 136 ■©2021 SMRJⅥ Q&A集Q 35 秘密保持契約とは何ですか?1.秘密保持契約の意義(1)秘密保持契約とは 秘密保持契約とは、一方がもつ秘密情報を相手方に開示する場合、その情報を秘密に保持してもらうために締結する契約をいいます。 秘密保持契約は、NDA(Non-Disclosure Agreement)又はCA(Condentiality Agreement)などと呼ばれることもあります。(2)秘密保持契約締結の理由 M&Aの実務において、売り手は、買い手から売り手企業の業務活動や技術に関する情報・財務情報さらに人事情報などの提供を求められます。これらの情報は、売り手にとっては極秘情報であり、開示した売り手企業としては、M&Aのため以外にこれら情報が利用される事を防止しなければなりません。そこで、これら極秘情報の取扱いを定めた契約を交わすこととなります。 以上の理由から、秘密保持契約は売り手が情報を開示する前に締結するのが一般的です。2.秘密保持契約書の内容 秘密保持契約書には、最低限、次の条項が記載されます。(1)情報の定義(2)情報の目的外の使用の禁止(3)秘密保持義務の対象から除外される情報の範囲(4)情報の返還(5)有効期間Q35A35秘密保持契約とは何ですか?

元のページ  ../index.html#138

このブックを見る