令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
136/166

■ 134 ■©2021 SMRJ1. M&Aを進める上で準備すべき書類 M&Aを進める上での準備書類としては、以下のようなものがあります。2. 書類を準備する際の注意点(1)書類準備が求められる理由 1. の書類準備が求められる理由は、承継希望者(買い手)が承継する会社の事業価値と事業リスクを精査するため、情報提供を行う必要があるからです。M&Aを進めるにあたっては、承継希望者にとって事業を承継するだけの魅力があることを示す必要があります。また、同時に事業を承継することによる問題点も開示する必要があります。このため、売り手側では、買い手候補が承継する事業の価値及びリスクを精査するための書類の提供が求められるわけです。(2)M&A仲介会社と準備書類 M&Aの仲介会社を介して承継希望者を探す場合、その仲介会社とのアドバイザリー契約(Q29参照)締結の後、売り手が仲介会社に対して準備書類を開示し、その仲介会社により企業評価と承継希望者の探索が行われます。M&A仲介会社において、公正な企業評価とふさわしい承継希望者の探索が行われるように、企業情報は事実を正確かつ適切に提供することが大切です。(3)デューデリジェンスと準備書類 M&Aの交渉が進み、売り手と買い手の間で基本合意書が締結されると、買い手は弁護士・公認会計士・税理士等の専門家により、デューデリジェンスを実施します。デューデリジェンスの段階で、事前に提出された書類に事実と異なる記載のあることが発見されると問題になります。そのためにも、事実を正確かつ適切に記載した準備書類を提供する必要があります。Ⅵ Q&A集Q 33 M&Aを進める上ではどのような書類を準備すればよいですか?Q33A33M&Aを進める上ではどのような書類を準備すればよいですか?① 会社案内(会社の概要)   ② 商業登記簿謄本(「登記事項証明書」のこと)③ 定款            ④ 株主名簿      ⑤ 直前3期分の法人税の申告書・決算書・勘定科目明細  ⑥ 当期の試算表⑦ 金融機関の残高証明書    ⑧ 固定資産の明細(土地建物の名寄帳や登記簿謄本・減価償却資産台帳)⑨ 事業の強みに関する資料(得意先・仕入先・技術・特許・免許・立地・人材等に関するもの)⑩ 会社の組織図、役員名簿・従業員名簿        ⑪ 就業規則、給与規程等の労務管理に関する諸規程   ⑫ 契約書類  ⑬ 議事録M&Aの準備書類

元のページ  ../index.html#136

このブックを見る