令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
130/166

■ 128 ■©2021 SMRJⅥ Q&A集Q 28 当社は後継者不在でM&A(会社売却)をしたいと考えていますが、M&Aの進め方と留意点は何ですか?・準備段階で秘密を関係者に漏らさないこと。・専門的なノウハウを有する仲介機関等に相談すること。・M&Aの条件、売却金額の希望等を早い段階で仲介業者に伝えること。・買収監査の際に相手に対して自社の都合の悪いことでも隠し事をしないこと。・M&A後の会社の環境整備に気を配ること。【注意事項】・M&Aの専門家(地域金融機関あるいはM&A専門会社等のM&A業務を専門に担う部署を有する企業等)との連携を図っていくことが重要になります。・法律・税務会計等の観点からの助言・チェック・意思確認を的確に行う必要があり、合意形成までの面談過程から専門家の参加、助言協力を得つつ進めることが必要です。・さらに、個別のケースで各士業に依頼する場合、原則として有償による対応になることを相談者に事前に伝え、了承をとっておくことが重要です。ポイントポイント実行M&A後<M&Aの手続きと実行>準 備①仲介機関の選択②売却条件の検討③会社の磨き上げ 経営改善④売却先の絞 込み・交渉⑤基本資料 の提示⑥デューデリ ジェンス⑦クロージ ング⑧両社の融合仲介機関、アドバイザーへの依頼秘密保持契約書基本合意書の締結売買契約書M&A後実 行

元のページ  ../index.html#130

このブックを見る