令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
129/166

■ 127 ■©2021 SMRJⅥ Q&A集 会社を第三者に売却するM&A(Merger and Acquisition)があります。従業員の雇用や取引先の仕事を確保し、経営者の老後の生活資金を得ることができるなどの多くのメリットがあり、M&Aへの抵抗感が少なくなる中、利用件数が増えてきています。 なお、公的な支援機関として、事業承継・引継ぎ支援センターが全国に設置されています。1.M&Aの方法 M&Aには様々な種類があり、どの方法を選択するかは、会社の事情によって異なりますし、業績の良否、技術の有無、営業力の高低などによっても選択の幅が異なります。一般的には、手続きが簡単な株式の売却や事業譲渡が多く用いられています。2.M&Aを進める手順Q28当社は後継者不在でM&A(会社売却)をしたいと考えていますが、M&Aの進め方と留意点は何ですか?A28<M&Aの種類>会社の全部を譲渡する方法株式の売却株式交換会社分割会社の一部を譲渡する方法事業譲渡(全部又は一部)合併(新設合併、吸収合併)事前準備実行買い手Q 28 当社は後継者不在でM&A(会社売却)をしたいと考えていますが、M&Aの進め方と留意点は何ですか?

元のページ  ../index.html#129

このブックを見る