令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
127/166

■ 125 ■©2021 SMRJ1. 株式譲渡の手順の概要(一般的な例)2. 各手順の内容(1)譲渡承認請求について  株式は自由に譲渡できるのが原則ですが、発行会社の定款の定めにより、株式の譲渡による取得について、発行会社の承認を必要とするという形で株式の譲渡に制限を加えている会社があります。上記のような株式を「譲渡制限株式」といい、上場会社以外の大多数の会社が発行している株式は、この譲渡制限株式です。  譲渡対象の株式が譲渡制限株式の場合には、譲渡人が株式譲渡前に発行会社に対して譲渡承認請求を行う必要があります。なお、株式譲渡後に譲受人から発行会社に対して譲渡承認請求を行うことも可能ですが、承認を拒否される可能性があるので、事前に譲渡人からの承認請求により承認を受けるべきです。(2)株式譲渡契約締結  株式譲渡契約書には、一般的には次の事項を記載します(詳細はQ37参照)。 ①譲渡価額及びその支払方法 ②株券の引渡方法(株券発行会社の場合のみ) ③売主の表明・保証(潜在的債務がないこと等の確認) ④役員の処遇  上記以外にも競業避止義務、従業員の処遇、契約締結までの当事者の義務及び契約締結以降の当事者の義務について記載する場合があります。(3)名義書換手続  株式譲受人が発行会社に対して株主の地位(議決権の行使、配当金の受領等)を主張するためには、株主名簿上の名義を譲受人の名義に書き換えてもらう必要があります。名義書換の請求は、株券発行会社の場合には発行会社に対する株券呈示で譲受人が単独で請求できますが、株券不発行会社の場合には譲渡人と譲受人が共同で請求する必要があります。Q26A26株式譲渡の手順を教えて下さい条件交渉・基本合意・デューデリジェンス株式譲渡契約締結譲渡承認請求譲渡人譲受人名義書換請求株式譲渡の手順Ⅵ Q&A集Q 26 株式譲渡の手順を教えて下さい

元のページ  ../index.html#127

このブックを見る