令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
126/166

■ 124 ■©2021 SMRJ(2) 株式譲渡とは  株式譲渡とは株式の売買による株式の所有権の移転です。株式譲渡は主に、M&A、MBO(Q19参照)、後継者への財産の承継などの場面で用いられます。株式譲渡の特徴は、会社の支配権を確保するために必要な数の株式を取得する場合には通常買い手にとって多額の資金が必要となることが挙げられます。また売り手にとっては株式譲渡益課税が生じるなどがあります。なお、以前は、投資運用している上場株式について含み損が生じているのであれば、その上場株式を売却して株式譲渡損(実現損)を計上すれば、非上場株式等の譲渡益とその譲渡損と相殺することができ、結果として、株式譲渡に係る税負担の軽減を図ることができましたが、平成28年1月1日より、上場株式等の譲渡損益と非上場株式等の譲渡損益の損益通算はできなくなりました。事業譲渡譲渡会社A事業譲受会社A事業株式譲渡株主A対象会社株主BⅥ Q&A集Q 25 事業譲渡と株式譲渡との違いは何ですか?

元のページ  ../index.html#126

このブックを見る