令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
118/166

■ 116 ■©2021 SMRJポイントポイントⅥ Q&A集Q 20 後継者候補がおりません。どうすればよいですか? 社外から後継者を招聘する場合、どのような点に注意すればよいですか? 後継者が親族内にいない場合には、親族外で探すことになります。金融機関、取引先あるいは商工団体等で相談に乗ってもらうことも可能ですが、優先順位をつけて探し、更に後継者としての資質を判断することが重要です。 それでも後継者が見つからない場合には、M&Aにより外部に経営を委ねることも近年増加しています。売却可能な会社にするためには日ごろから会社の磨き上げに注力し、業績の改善はもとより貸借対照表のスリム化を図り公私の区分が曖昧なものは整理しておくことが大事です。 会社売却後も譲り受け企業との融和が大切であり、経営面でのサポートにより発展に協力することが望ましいといえます。 また、承継候補者の公的な照会先として、事業承継・引継ぎ支援センターが全国に設置されています。 ・事業承継の方法には、親族内承継のほかに、従業員等への承継やM&Aによる第三者への承継の方法があります。Q20後継者候補がおりません。どうすればよいですか? 社外から後継者を招聘する場合、どのような点に注意すればよいですか?A20

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る