令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
11/166

©2021 SMRJ■ 9 ■【参考】他事業横スライド型の事業承継支援イメージ 「他事業横スライド型」の掘り起し(声掛け)とは、補助金、経営革新事業等の他事業で支援している際に、事業承継支援を一緒に行うことをいいます。 事業者群を4つのボックスに分類した場合、事業者数が多い第Ⅲ象限の事業者の経営課題は、事業承継よりも経営改善を優先させざるを得ないケースが大半ですが、実は、この第Ⅲ象限の事業者群に対して、支援機関の方々は、普段から支援活動(補助金、経営革新等の支援)を行っているのです。 普段の支援の実施過程の中で、「事業承継診断」の配布や「今後10年について聞く」等により、現経営者に事業承継対策の重要性を認識させたり、経営計画策定に後継者も参加するように促すこと自体が事業承継支援につながっていくのです。 重要なことは、普段の支援が事業承継支援の一部になっていることを認識することです。第Ⅰ象限の事業者群に対する相続税対策等のみが事業承継支援ではありません。純資産が大きい(株価が高く、相続税が高い)純資産が小さい(株価が低い)ⅠⅡⅢⅣ補助金支援、経営革新等で、支援機関は普段から事業者の企業価値を高めるための支援を行っている(ブラッシュ・アップ)。掘り起し(声掛け)…「事業承継診断」の配布、「今後10年について聞く」等により、現経営者に事業承継対策の重要性を認識させる。後継者も経営計画策定に参加させるように現経営者に促す。顕在化(相談に来る)潜在的(相談に来ない)

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る