令和3年度第2版 事業承継支援マニュアル
100/166

■ 98 ■©2021 SMRJⅥ Q&A集Q7 相続人等に対する株式売渡請求の手続・注意点は何ですか?1.手続き等・相続人等に対する株式売渡請求の内容についてはQ6参照。・相続人に対して売渡請求ができるのは、譲渡制限株式だけです。・相続人等に対する売渡請求の規定を定款に設けるには株主総会の特別決議での定款変更が必要です。・売渡請求をする都度株主総会の特別決議が必要です。・譲渡価格は会社と売渡を請求された者との協議によりますが、協議が整わない場合には裁判所に価格決定を申し立てることになります。  ・相続人等に対する売渡請求の規定は、少数派の株主について相続が発生したような場合にはオーナー側の経営権の確保のために有効です。【注意事項】反対にオーナーについて相続が発生したような場合には、そのオーナーの保有株式を相続した相続人(後継者)は売渡請求を決める株主総会で議決権を行使できないために、少数派が経営権を確保することになってしまう場合があり、この制度の導入については慎重に検討すべきです。また、会社による自社株式の買取りのため、財源規制があることに注意が必要です。Q7相続人等に対する株式売渡請求の手続・注意点は何ですか?A7ポイントポイント

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る