経営課題解決 成功事例集─ハンズオン支援ベストプラクティス事例集─
161/172

株式会社イノウエ【事例の要約】ヘアゴムで国内市場の70%を握る当企業は、生き残り競争にしのぎを削る厳しい業界で、卓越した商品企画力や妥協のない品質を差別化戦略として、これまで順調な成長を成し遂げてきた。さらなる成長を目指すために、社員が付加価値の高い業務に専念し定常的な業務はなるべく情報システムに任せたいという社長の要望を実現するべく、まずその第一歩として、情報化推進計画を策定した。その結果、次ステップとして具体的な全社情報化企画プロジェクトが承認され、社長の要望を実現する第一歩が踏み出された。企業名 株式会社イノウエ業 種 ゴム紐・手芸用組紐の製造販売本社所在地 神奈川県相模原市緑区鳥屋750資本金 46.8百万円設 立 平成4年(創業 昭和3年)売上高 1187百万円(平成29年2月期)従業員 53人 当企業はヘアゴム(ヘップリング)をはじめ、機能性雑貨などのオリジナル商品の開発、各種OEM商品の供給、ゴムひもなどの資材提供を行っている。メイン商品であるヘアゴムは業界でもトップクラスの多彩な色や種類のバリエーションを取り揃えている。 またヘアゴム以外にも天然成分を配合した「虫よけブレス」や静電気を除去する特殊な糸を使った「静電気除去リング」、消臭繊維を使用した枕カバーなどを扱った「ケニーシリーズ」など、市場のニーズや流行に合わせた機能性のあるファッション雑貨を中心としたオリジナル企画・開発をおこなっている。 これまで、独自性を持ち自ら組紐技術を応用しヘアゴムを作り上げ、下請けからメーカーへ会社を大きく発展させ、時代を先取りする商品開発力によって厳しい競争に打ち勝ってきた。このような厳しい業界において、ヘアゴムでは国内市場の約70パーセントを握る最大手に成長した。3代目となる現社長は、「品質に妥協しないものづくり」、「安全で安心できるものづくり」、「地域とともに歩むものづくり」「環境にやさしいものづくり」という「想い」のもとに、物作りに注力しており、加えて当企業の会社理念にある「お客様の満足」達成のためにお客様に満足して頂ける商品の企画力や、企画した商品を作り上げる力の強化にも注力している。企業概要経営基盤強化型さらなる成長のために、付加価値の高い業務に注力することを可能にする情報化推進計画の策定!本部 CIOプロジェクトマネージャー 根塚 眞太郎株式会社イノウエ本社外観製造工程イメージ図

元のページ  ../index.html#161

このブックを見る