経営課題解決 成功事例集─ハンズオン支援ベストプラクティス事例集─
144/172

会社の将来像を明らかにすることで、真の経営課題を浮かび上がらせ、経営基盤を確立 当社は、創業70年近い歴史と高い知名度を有し、北九州市内の小中学校給食の7割のシェアを誇るほか、有名なブランド店を展開する、地域に無くてはならない企業である。そこで、更に成長・発展するため、中小機構の3次にわたるハンズオン支援を活用して、変革への意欲を持つ若い後継者をリーダーとしたプロジェクトにより、〔経営課題の炙り出しと事業戦略・経営計画の立案〕〔衛生管理の仕組み・体制作り〕〔客観性のある人事評価・賃金制度と組織管理規程類の整備〕等に取り組み、経営基盤の確立を進めている。企業概要クラウン製パン株式会社は、現社長の父が昭和23年に‘焼きたてパン製造会社’として創業した会社である。昭和46年に株式会社に改組設立後、早い時期から北九州市の学校給食事業を手掛け、現在では学校給食パン・米飯受託加工において同市内小中学校の7割のシェアを担うまでに至っている。 また、現社長である松岡隆弘氏が社長に就任した頃からはクロワッサンを中心としたデニッシュ類の小売販売にも力を入れているが、昭和49年に直営小売事業会社を有限会社ブランジェリークラウンとして立ち上げ、一般消費者向け販売を始めた。特に博多駅を始めとするJR九州の駅構内等で展開している直営ミニクロワッサンの店【ミニヨン】は九州域内に6店舗を数え、‘行列のできるクロワッサンの店’として高い知名度を得ている。 入社後20年にわたって創業社長である父親を支えたのち現職に就いた隆弘氏は、自ら「目の届く範囲で事業を展開するがっちりした商売でいきたい!!」と語るように、堅実経営を旨とした事業運営を貫いてきたことから、事業の収益性は非常に高く、会社は完全無借金経営を誇っている。経営者の考え方が事業全般に強く反映された会社との印象を持たせる企業である。 一方、売上伸長に合わせて必要最低限の建て増し・増床・改築・設備投資で対応してきたとのことで、規模の拡大に工場・倉庫が対経営基盤強化型会社の将来像を明らかにすることで、真の経営課題を浮かび上がらせ、経営基盤を確立“目の前の顕在化している課題”を一つずつ解決することも大事だが、まず会社の将来像を思い描き《あるべき姿》を明確にした上で“実現に向けての課題”解決を図ることで、今後の成長に向けた基盤固めに取り組んでいる。九州本部 統括プロジェクトマネージャー 松尾 靖彦企業名 クラウン製パン株式会社業 種  パン・洋菓子製造、小中学校の学校給食パン・米飯受託加工本社所在地 福岡県北九州市小倉北区泉台4-4-41資本金 35百万円設 立 昭和23年10月売上高 1,021百万円(平成27年3月期)従業員 150人(正社員68人)クラウン製パン株式会社行列が途切れることのないミニクロワッサンの店工場外観

元のページ  ../index.html#144

このブックを見る