経営課題解決 成功事例集─ハンズオン支援ベストプラクティス事例集─
14/172

第二創業的事業革新のDNAを活かし、来る半世紀に向けた新商品を決定、事業化ステップを開始 当社が第二創業として開発し現状の主力製品となっている「バーコードプリンター」を世に送り出してから既に30余年が過ぎようとしている現在、マーケットに成熟期の兆しが見えて来た。当社は、数年前から新事業開拓の検討を進めて来たが、まだ確固とした方針が定まらない状態であった。このような中、平成24年度のチャレンジKANTO21クラブ(第6期)に和田社長(現会長)が参加する機会があり、これを切っ掛けに、中小機構の支援を活用した本格的な新事業開拓のプロジェクトが開始された。2回の専門家継続派遣事業による支援と当社プロジェクト・メンバーの積極的な活動が相まって、開発する新商品が特定され、事業化に向けた具体的なアクションが開始された。企業概要 当社の創業は大正7年(1918年)に遡る。東京都文京区千駄木で建築鍛冶業を始めたのが当社のルーツである。その後、昭和6年(1931年)に盛輪社を創業し自転車用のハブの製造販売を開始したが、太平洋戦争の戦災により止む無く休業した。戦後の昭和23年(1948年)、合資会社盛輪社を再建設立し、自転車の生産では優れた実績を残した。 昭和38年(1963年)には、機械チェーンの製造を手掛けつつ、昭和41年(1966年)、マーケットの趨勢を見て、来る半世紀の当社主力事業とすべく「ハンドラベラー」の研究開発を開始した。この開発は、昭和43年(1968年)、世界初の飛び出し式ハンドラベラー「1L」の商品化という形で実を結び、新事業への転換が一気に進むこととなった。その後、自社ハンドラベラーの進化だけではなく、POS化に対応してバーコード・ハンドラベラー、バーコードプリンターの開発を進め、国内だけではなく、フィリピン工場(1995年)、中国工場(2003年)を立ち上げた。 現会長の和田隆彦氏が3代目として平成4年5月に45歳で社長に就任した頃は、世の中がPOS化へと大きく変化していく時代であり、新事業展開型第二創業的事業革新のDNAを活かし、来る半世紀に向けた新商品を決定、事業化ステップを開始当社は過去において大きな事業転換を実施して、新たな成長軌道を獲得した経験を有しているが、今後の半世紀を見据えた新たな事業を構築するための出発点として、今回、中小機構の支援を活用し、事業化する具体的な新商品を決定した。関東本部 統括プロジェクトマネージャー 工藤 保男企業名 株式会社新盛インダストリーズ業 種  バーコードのラベルプリンター、ハンドラベラー等の製造販売本社所在地 東京都北区堀船4-12-15資本金 35百万円設 立 昭和29年6月売上高 1,612百万円(平成27年1月期)従業員 79人(正社員68人)株式会社新盛インダストリーズ本社ラベルプリンター

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る