経営課題解決 成功事例集─ハンズオン支援ベストプラクティス事例集─
127/172

株式会社こころ 段階的に取り組む過程でさまざまなパターンの財務シミュレーションを行うに際し、支援後も社内で試算可能にするため、支援の前半ではアドバイザー主導による試算のためのワークシートづくりが行われ、まずは社長、副社長の設定した出店パターンデータを投入し、どのような投資規模・スピードが財務バランスとしてどのような状態になるのかを数字で見るところから支援が始まった。中小企業の場合、通常は1店舗ごとの試算は詳細に行われるものの、企業全体としてはおおまかな試算による意思決定が行われることが多い。しかし、成長局面でこそ、全体の財務バランスを定量的に把握する必要性が高く、それらを見て判断することの重要性を伝えた。 支援の後半では上記の試算を財務担当の佐藤副社長ご自身に行っていただき、事業推進パターンごとの成長可能性および財務リスクを把握し、基本的な対応の方向性を導き出す支援を行った。本支援は守りの側面が強いものだが、収益力のある業態を確立し、さらに成長を継続するための重要なツールとなるものと確信でき、当社の成長基盤の強化に役立つことができた。 当社は今後、現状の「居酒屋ダイニング てんくう」という「稼げる」ビジネスモデルを確立し、その拡大展開を図っていくとともに、その知見を活かした外食での別業態を開発していかなければならない。そのための人材獲得~教育のしくみづくり、店舗オペレーション他のシステム開発なども並行して進める必要がある。 また、経営者の経験を生かしたIT事業の研究が進められており、外食事業との相乗効果、農業関連分野への展開、インバウンド需要の取り込みなどさまざまなイノベーションへの取り組みが行われている。これらの様々な優れたアイデアを整理し、適時適切な事業ポートフォリオを組み立て続けて行くことが、今後の課題となる。今後の課題経営者のことば 経営実務支援においては、成果物として『飲食店舗の新規出店、事業推進におけるマーケティングプロセス』を体系立てて整備することができ、従来は一部メンバーに閉じたノウハウであったものが、共通ナレッジ化され、以後の出店時のプロジェクト推進に大きく寄与しております。また本成果物は、静岡県経営革新計画の取得につながりました。専門家継続派遣事業においては、複数の投資パターンにおいて、リスクの可視化を図ることが出来、今後の事業推進の財務的判断材料として必要不可欠となっています。中小機構のご担当者におかれましては、正確なヒアリングと的確なアドバイス、また親身な対応について深く感謝申し上げる次第であります。代表取締役 渡邉 一博社長光のバランスと居心地の良さを追求した個室空間天然石を活用したデザイン性の高いエントランスてんくうの一番人気メニュー(てんくう大橋出し巻き玉子)

元のページ  ../index.html#127

このブックを見る