経営課題解決 成功事例集─ハンズオン支援ベストプラクティス事例集─
124/172

新店舗出店プロセスの標準化と投資による成長可能性と財務リスクの見える化―飲食ベンチャーの成長基盤強化支援―新事業展開型新店舗出店プロセスの標準化と投資による成長可能性と財務リスクの見える化―飲食ベンチャーの成長基盤強化支援―当社は、異色の経歴を持つ経営陣が試行錯誤しながら作り上げた居酒屋ダイニング。更なる多店舗展開を計画しており、新店舗出店プロセスを標準化し、多店舗展開による財務バランスへの影響をシミュレーションできる仕組みを整備し、成長基盤の強化を実現した。関東本部 チーフアドバイザー 左田野 康株式会社こころ【事例の要約】 本事例は、飲食ベンチャーの成長基盤強化に資する支援の事例である。 当社は、これまで独創的な創作居酒屋料理を徹底したローコストオペレーションで提供し、着実に成長してきた。今後、更なる店舗数の拡大を計画しており、中小機構・関東本部に支援を要請。中小機構・関東本部は、新店出店時のマーケティングプロセスの標準化、組織的に実行できる仕組みづくりを支援するとともに、新店出店投資を行った場合の財務リスクを見える化し、シミュレーションできる仕組みの整備もサポートした。これにより、今後の成長に向けての基盤が整備され、更なる発展が期待される。企業名 株式会社こころ業 種 飲食業(居酒屋)「居酒屋ダイニング てんくう」を展開本社所在地 静岡県浜松市中区蜆塚2-1-38グレース蜆塚2F資本金 10百万円設 立 平成19年8月売上高 744百万円(平成28年3月期)従業員 232人(正社員27人) 当社は静岡県浜松市を中心に東海エリアで主力業態「居酒屋ダイニング てんくう」を展開している。この業態は洗練されたデザインと居心地の良さの両面を追求した空間で、食材、調理方法、提供方法にこだわった独創的な創作居酒屋料理を提供しており、丁寧なサービス、コスト、パフォーマンスにおいて満足度の高い居酒屋ダイニングをコンセプトとしている。創業メンバーは渡邉社長、佐藤副社長の2人で、両者とも理科系大学出身、大手IT企業勤務を経て居酒屋運営企業の設立に至った。 当社は、社長及び副社長の経験とノウハウを最大限活かし、現行店舗で様々なITツールによる経営管理を行っている。特筆すべきは徹底したコスト管理やシフト管理により、食材費や人件費を低い比率に抑えている点にある。食材費率、人件費率ともに業界平均を大きく下回っており、ローコストオペレーションが徹底されている。設立後、順調な業績が続き、特に平成25年(2013年)3月期以降は大幅な増収増益基調で飛躍的な成長が続いている。現在の店舗数は10店(2016年3月期末時点)で、今後平成32年(2020年)3月期までに22店舗へ店舗数を拡大企業概要建築と一体化した上質モダンな店舗外観

元のページ  ../index.html#124

このブックを見る