経営課題解決 成功事例集─ハンズオン支援ベストプラクティス事例集─
104/172

沖縄の食材(地域資源)で飛躍する企業の製造現場改善と事業戦略の構築―ものづくり体制強化と未来構想図を基にした中期経営計画の策定支援―【事例の要約】 当社は、沖縄県で創業、食肉を中心とした仕入商品の販売で事業拡大し、食肉加工品の製造・販売への展開で売上拡大を目指している。平成24年に豊見城市に本社工場を移転し積極的な設備投資により生産能力拡大を図っているが、販売計画・生産計画等の活動目標が明確になっていなく、当日、受注・仕入情報と在庫数量から生産数量を決定していた。また、生産実績としての商品別の個別データの記録は不十分で、顧客との商談場面で、的確な判断ができる商品別の価格・納期などの情報が不足していたため、スムーズな商談に支障をきたすことがあった。 支援は、製造現場の生産管理・原価管理体制の再構築と、さらに長期的な事業戦略から中期経営計画の策定を行った。製造現場改善では、基礎知識の習得から成果の定着までを支援し、運用に必要な帳票類や実践ルールの整備に取り組んでいる状況。中期経営計画の策定では、社長の想いをもとに作成した未来構想図の実現に向け、中期経営計画を策定し、組織で経営目標を達成する活動に取り組んでいる。改善効果として本年度の生産能力は2年前より20%増加し、平成29年6月期の売上高は目標を上回る実績を上げている。企業名 株式会社上原ミート業 種 食肉加工、製造、販売(卸・小売)本社所在地 沖縄県豊見城市字豊崎3-85資本金 15百万円設 立 昭和55年売上高 5,179百万円(平成29年6月期)従業員 81人(正社員46人) 当社は、昭和28年に那覇・牧志公設市場で生肉販売店として開業し、主に量販店や仲卸業者、飲食店向けに食肉の卸事業を行ってきた。地域に密着したサービスを展開し、OEM生産や最近では自社ブランドの商品開発にも取り組んでいる。本社外観企業概要製造工程取扱商品経営基盤強化型沖縄の食材(地域資源)で飛躍する企業の製造現場改善と事業戦略の構築―ものづくり体制強化と未来構想図を基にした中期経営計画の策定支援―九州本部 プロジェクトマネージャー 隈井 文生株式会社上原ミート

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る