地域中小企業応援ファンド一覧
6/28

みやぎ中小企業チャレンジ応援基金宮城県特 徴「宮城県中小企業・小規模事業者振興基本計画」の重要な施策である「経営の革新等」「地域資源の活用等」を実現する取組(事業)として、地域資源及び優れたビジネスアイディアを活用した新商品・新サービス開発のための研究開発等を重点支援します。なお、事業承継を伴い申請される方は、優先して採択(交付決定)します。問合せ先公益財団法人 みやぎ産業振興機構H Phttps://www.joho-miyagi.or.jp/MAILsoudan@joho-miyagi.or.jpF A X022-263-6923T E L022-225-6697(公財)みやぎ産業振興機構運用管理者支援体制宮城県、金融機関 等中小企業基盤整備機構宮城県金融機関1.35億円(公財)みやぎ産業振興機構9.25億円対象者県内創業者・中小企業者・NPO法人 等株式会社セッショナブルこれまでの助成事例助成事業テーマ南三陸杉と気仙大工技術を活かした世界初のギター生産による地方創生型ビジネス主な助成対象経費新商品開発費 等事業概要エレキギター市場へ新規参入するため、所有自体に価値観を見いだす新たなユーザー層へこれまでとは全く違う設計、素材、デザインを取り入れた新製品を開発しました。ボディとネックの結合には岩手県気仙地方に受け継がれる宮大工の伝統技術を活用し、パーツの一部には東北大学金属材料研究所が開発した新金属を利用しています。有限会社テクノ・キャスト助成事業テーマ手術支援ロボットトレーニング用腫瘍付腎臓モデルの開発主な助成対象経費新商品開発費 等事業概要順天堂大学泌尿器科の教授からの相談がきっかけとなり、腎部分除去の手術練習トレーニング用モデルを開発しました。開発にあたっては医療現場の実態に沿った、より適切な練習モデルであることを念頭に他社製品との差別化を図り、金型製作に関して宮城県産業技術総合センターと連携しています。運用益地域資源、優れたビジネスアイデアを活用した新商品、サービスの研究開発ー支援重点分野ーみやぎ中小企業チャレンジ応援基金新商品・サービス開発を行うための、以下経費について助成する。助成経費:研究開発費(原材料費、機械装置又は工具器具費、外注加工費、試作費、実験費等)委託費(ホームページ作成費、デザイン料、通訳・翻訳料、事業可能性調査費)事務費(印刷製本費、資料購入費、通信運搬費、借料・損料、展示会出展小間代等)〈その他特記事項〉●低金利環境下において、通常の公債より条件の良い社債による運用を実施。●以下の具体的かつ難易度の高いKPIを設定しPDCAを実施。・短期目標助成企業のうち3年以内に50%以上の企業が事業化を達成・長期目標事業化を達成した助成企業の付加価値(営業利益、人件費及び減価償却費の合計)又は1人あたりの付加価値が5年以内に15%以上増加すること。助成上限助成期間助成率ー支援対象分野ー1/2以内2,000千円1年以内機構42.8億円県0.1億円総額53.5億円運用期間10年北海道・東北関東・甲信越北陸・中部近  畿中国・四国九州・沖縄

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る