地域中小企業応援ファンド一覧
14/28

いしかわ中小企業チャレンジ支援ファンド石川県特 徴石川県新長期構想では、「地域の強みを活かし成長する産業づくり」を産業振興の重点戦略としており、その施策として「新商品開発・販路開拓による新規需要の創出」や「地域の強みの活用」を掲げています。これら施策を推進するため、「いしかわ中小企業チャレンジ支援ファンド」を創設し、地域資源を活用した新商品・販路開拓を支援するとともに、ものづくり企業の新製品開発等を支援する「ものづくり企業特別枠」を設け、中小企業の新事業展開を後押しすることで、石川県経済の持続的な成長につなげます。(公財)石川県産業創出支援機構運用管理者総額200億円設置期間10年【県単独型】総額200億円設置期間10年⑴商品開発・販路開拓支援事業中小企業等による市場調査から新商品・新サービスの開発、販路開拓に至るまでの取り組みを支援⑵企業連携による商品開発支援事業複数の企業や、異業種連携・産学官の連携により、新商品を開発する取り組みを支援⑶ものづくり企業特別枠機械や繊維などのものづくりの企業を対象に、事前調査から研究開発、販路開拓までを総合的に支援⑷事前調査、改良・販路拡大等支援事業新商品開発に係る事前調査や商品の改良・販路開拓を支援支援体制金融機関、商工団体、支援機関、石川県 等中小企業基盤整備機構石川県金融機関機構100億円県20億円80億円県100億円100億円対象者県内中小企業者・支援機関 等一般枠事業枠3,000千円助成上限5,000千円3年以内助成期間2/3以内1,500千円3年以内3/4以内4,000千円3年以内2/3以内3年以内2/3以内10,000千円3年以内2/3以内助成率助成上限助成期間助成率小規模企業者枠東京オリ・パラ枠1,000千円1年以内2/3以内商品改良・販路拡大500千円(定額)1年以内事前調査三徳屋株式会社これまでの助成事例助成事業テーマご飯入り金沢カレーゼリー(非常食・介護食)の開発主な助成対象経費試作開発費、PRパンフレットの作成 等事業概要三徳屋は、非常食として、常温でそのまま食べることが可能なご飯入りカレーを製造・販売しています。今回、災害時の非常食や嚥下障害者の介護食として、スプーン等の食器がなくても、開封口からそのまま食べることができるゼリー状のカレーの開発を目指します。ホクショー株式会社助成事業テーマ物流倉庫向けの仕分け作業用の無人搬送車の開発主な助成対象経費試作開発費、展示会の出展費 等事業概要物流倉庫での仕分け作業の効率化を図るため、作業員が商品棚まで商品を取りに歩く従来の方法から、商品棚自体を作業員の前に搬送する無人搬送車の開発を目指します。国内トップシェアの垂直搬送機等と合わせて、物流搬送システムの効率化に一貫した対応を実現します。ー支援対象分野ーー支援対象分野【県単独型】ーいしかわ中小企業チャレンジ支援ファンド運用益問合せ先公益財団法人 石川県産業創出支援機構H Phttps://www.isico.or.jp/site/shinseihin/challengefund.htmlMAILーF A X076-268-1322T E L076-267-5551助成事業名商品開発・販路開拓支援 小規模企業者枠助成事業名ものづくり企業特別枠北海道・東北関東・甲信越北陸・中部近  畿中国・四国九州・沖縄

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る