中小機構 Bio200 インキュベーション バイオ系企業リスト_2019
73/80

創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー73湘南情報機器システム株式会社SHONAN JOHO KIKI SYSTEM  K.K慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)設立 2004年3月代表取締役 島崎 兼男〒252-0086神奈川県藤沢市遠藤4489-105 慶應藤沢イノベーションビレッジ207号TEL.0466-54-7783http://www.sie-system.co.jp/info@sie-system.co.jp株式会社新領域技術研究所Frontier Technology Institute Inc.東大柏ベンチャープラザ設立 2003年7月代表取締役 武田 常広〒277-0882千葉県柏市柏の葉5-4-19 東大柏ベンチャープラザ206号TEL.04-7134-5913http://fti-jp.biz/takeda@fti-jp.biz産業廃棄物の管理を簡単操作で徹底管理致します。 産業廃棄物の管理は排出事業者、収集運搬業者、処分業者により様々です。また、日々の管理から年間の管理まで業務も多々あります。当社は業務軽減、コスト削減につながるよう各事業者様のニーズに合った産業廃棄物管理システムを提供しております。<e-マニフェストASP>産業廃棄物管理に関連する業務を電子化で提供しております。処理委託契約はやりとりから締結まで可能、マニフェスト管理は電子マニフェストで簡単に登録できる仕組みを提供しております。<Dust Bank>収集運搬業者、処理業者向けの産業廃棄物管理システムです。作業日報の入力からマニフェスト発行、売上・請求まで連動しており、入力業務の省力化が図れます。中核技術事業内容高効率・高安定なヘリウム循環装置を提供することで、脳磁計など極低温を必要とする装置の普及に貢献する。当社は、東京大学で研究・開発されたヘリウム循環装置や三次元オプトメーターを製品化するために生まれたベンチャー企業です。超伝導を利用した脳磁計(MEG)では、センサーを-270℃に冷やす必要があります。液体ヘリウムを定期的に補充すると、年間1千5百万円以上のランニングコストがかかります。ヘリウム循環装置を用いれば、蒸発したヘリウムガスを常にその場で液化するため、液体ヘリウムの補充が1年間以上不要になり、大幅な経費の削減が可能です。超伝導センサーや超伝導電磁石などの寒剤として使われているヘリウムは、希少物質であるため近い将来枯渇することが予測されており、価格が上昇傾向にあります。当社では、使用したヘリウムを大気放出することなく再利用が可能となる液体ヘリウム循環装置を製品化しました。液化方式として新開発の2流路方式を採用し、高効率な液化を実現しています。さらに、独自の防振機構を搭載しているため静粛性に大変優れています。液化運転時においても通常通り低ノイズなMEG測定が可能です。また、不純物自動除去システムの搭載により1年間以上の連続運転が可能となっています。中核技術事業内容株式会社シティックCITIC Co.,Ltd.北大ビジネス・スプリング設立 1982年4月代表取締役社長 行方 将泰〒056-0014北海道日高郡新ひだか町静内古川町2丁目1番8号TEL.0146-42-0527http://www.citic.co.jpinfo@citic.co.jp水と資源と自然の流れを守って豊かな社会を実現するシティックは公共下水道や浄化槽などの汚水処理施設のメンテナンスサービスを主要な事業として展開しております。また、これらに関連する廃棄物のリサイクル技術開発をはじめ、浄化槽用のメンテナンスツール〔汚水処理機能調整剤:自社商品〕や浄化槽管理システムの開発など、環境関連技術の研究開発事業にも積極的に産学官と連携して取り組んでおります家畜糞尿をはじめとしたバイオマス資源は、これまで農地還元が一般的と考えられてきました。しかし、廃棄物処理が目的である場合が多く、有効利用されている事例は多くありません。これを受けて当社では堆積発酵中に発生する有用バクテリア群や有効成分に着目して新たな活用性を見出し、汚水処理機能の早期立上げや機能調整(悪臭・発泡・ミズワタの抑制)に効果を発揮する浄化槽用のシーディング剤(機能調整剤)の開発に成功しました。製造販売は平成17年より実施しており、主要な取引先の数(浄化槽メーカ)も年々増加しており、今では国内メーカ市場の50%に利用される商品になっております。近年では、その機能性から新たに家畜糞尿の臭気対策への活用も期待されています。中核技術事業内容創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る