中小機構 Bio200 インキュベーション バイオ系企業リスト_2019
55/80

55創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー55株式会社大木工藝OHGI TECHNOLOGICAL CREATION CO., LTD.クリエイション・コア京都御車設立 1997年3月代表取締役社長 大木 武彦 〒520-2114滋賀県大津市中野三丁目4番13号TEL.077-549-1309ホームページよりお問い合わせください。http://ohki-techno.com/index.htmlAuB(オーブ)株式会社AuB Co.,Ltd.岡山大インキュベータ設立 2015年10月代表取締役 鈴木 啓太 〒700-8350岡山県岡山市北区津島中1-1-1岡山大インキュベータ104号室TEL.086-259-5073http://aub.co.jp info@aub.co.jp株式会社グローバルエンジニアリングGlobal Engineering Co., Ltd.神戸医療機器開発センター(MEDDEC)設立 1998年2月代表取締役社長 荒川 健一〒450-0003愛知県名古屋市中村区名駅南2-14-19住友生命名古屋ビル12FTEL.072-657-7816http://www.global-eng.co.jp/info_bio@global-eng.co.jpAuB(株)はアスリートの腸内フローラ(腸内細菌叢)解析によりパーフォーマンスの向上を目指します。・アスリートの腸内フローラ解析によるパフォーマンスアップ(身体づくりを含む)とケガ予防、コンディショニングの観点から選手一人一人にあった最適なトレーニングプランのコンサルティング・アスリートの腸内フローラ解析から得られる有益情報のすべての人への提供・次世代シークエンサーを用いた解析サービスの受託私たちは岡山大学農学部・森田教授と連携し、トップアスリートの糞便からDNA調製・増幅し、次世代シークエンサーを用いてその塩基配列を取得・解析し、個々のトップアスリートの腸内フローラの状況を把握し、最適な腸内フローラを保つことにより、トップアスリートのパーフォーマンス向上を支援します。そのトップアスリートの腸内フローラから得られた有益情報に基づき、一般の人の健康維持のための腸内フローラの管理方法の提供やサプリメント開発等への活用を目指します。中核技術事業内容自然から学び自然に還すをモットーに安全で豊かな21世紀の地球環境を守ります。<高比表面積活性炭(3000㎡/g)・ナノカーボンファイバー製造>・省エネ節電シート(不燃)・業務用調理器具・ガムケア、スキンケア、温熱血行促進関連等の美容健康器具炭素は大きく、ダイヤモンドに代表される分子が6角形の結晶構造を成す高密度炭の「定形炭素」と備長炭など樹木炭の分子の結晶構造が定まらない「無定形炭素」に分類されます。この二種類の炭素は見た目はよく似ていますが、化学的には大きく違い、その使用目的や用途も異なり、それぞれに応用開発の可能性を秘めています。大木工藝の研究開発は自然とともにあるこれら「炭素」を根幹に、「応用開発」という枝葉を繁らせ、「知産」という花から実へと進化を続けてまいります。中核技術事業内容先義後利弊社のバイオ事業は、土壌由来の微生物を利用した製品の企画、開発と販売を行っており、今後、それらを応用した製品開発を行ってゆく予定です。また、弊社はIT関連を主体とした企業であり、将来的にはバイオテクノロジーとITが融合した事業の発展を目指しています。自社の特許技術である「土壌由来混合菌培養液」(特許第4198728号)は、乳酸菌1種2株、および酵母2種を混合培養して得られたことを特徴とする。混合培養することにより、単菌培養では得られない効果が期待されており、これまで自社研究により免疫活性能と抗酸化作用が確認されている。中核技術事業内容創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る