中小機構 Bio200 インキュベーション バイオ系企業リスト_2019
47/80

創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー47株式会社ホワイトインパクトWhite Impact Co.,Ltd.名古屋医工連携インキュベータ(NALIC)設立 2008年12月代表取締役 田内 英樹 〒464-0804愛知県名古屋市千種区東山元町5-59-1TEL.052-602-8474http://www.whiteimpact.co.jp/info@whiteimpact.co.jp株式会社マイクロジェットMICROJET CORPORATION農工大・多摩小金井ベンチャーポート設立 1997年9月代表取締役 山口 修一〒本社:399-0732 東京支店:184-0012本社:長野県塩尻市大門五番町79-2  東京支店:東京都小金井市中町2-24-16-206TEL.0263-51-1734http://www.microjet.co.jp/sales3@microjet.co.jp株式会社マイクロテック・ニチオンMicrotec Co.,Ltd.ベンチャープラザ船橋設立 1989年5月代表取締役 本田 雅秀〒274-0074千葉県船橋市滝台2-16-5TEL.047-466-8186http://nition.commicrotec@nition.comインクジェットの技術を極め、ものづくりの世界に普及させる!インクジェットに関する様々な要望に応えます●ピエゾインクジェット技術を応用した、バイオ用極微量液体ハンドリング・プリント機器の開 発・製造・販売①細胞プリンター、細胞スポッター ②バイオセンサー用バイオプリンター③バイオチップ(DNA、タンパク、抗体等)試作装置、量産装置 ④ナノリットル・ピコリットル極微量デジタルスポッター ⑤定量イムノクロマトデジタル塗布装置⑥各種バイオマテリアルを用いた実験やデバイスの試作サービス●独自のバイオ用インクジェットヘッドの開発により、従来の課題をクリア①極微量の試料を吸い上げてデジタルハンドリング(最少必要液量0.02cc)②プリンターヘッドでは困難な水をはじめとした高表面張力液体のハンドリング③ヘッドは金属や接着剤不使用でコンタミネーションのリスク無し④ピコリットルからナノリットルまでのハンドリング用途に応じたヘッドをラインナップ⑤細胞や粒子の懸濁液も安定して吐出可能なインクジェットヘッド⑥洗浄不要のディスポーサブルヘッド⑦分注装置、スポッター、塗布装置等をハードからソフトまで自社開発中核技術事業内容3Dプリンタを用いた義肢の開発3Dプリンタによる義手の製造を行います。自動車部品開発分野で実績を積み上げた衝撃吸収部品の試作、開発と製造の強みを活かし、2010年より名古屋大学と連携し義手や人工骨分野の先行開発を継続中です。義手に関係する3Dデータを取得して型枠を3Dプリンタで製造します。また、通常のCADでは不可能なラティス構造(格子構造ソフト:国内の民間では当社が唯一所有)による強度が最適化された超軽量構造を義肢に組み込むことで、今までに全く無かったユーザーにとって違和感の少ない使いやすい義肢を目指します。3Dプリンティングを用いて美しいカスタムメード義肢を製作するため、3Dプリンタは従来の切削、金型による成形では不可能な複雑で入り組んだ形状作成をデータ通りに忠実に再現可能です。通常の義肢製造法であるモールド法を用いるのではなく、患者に残っている手足を計測しそれにぴったり合うサイズの義肢を製作します。さらには見た目にも美しくできるように、義肢をいくつかのデザインの中から選択することができ、最終的に (非常に) 気に入った製品が出来上がるように技術者と共同作業が可能となることを目標としています。中核技術事業内容未知への挑戦理化学機器の研究開発型メーカーとして、大学や企業の研究室等で用いられるホモジナイザーやルミノメーターをはじめとした自社開発製品の製造販売を行っている。中でも溶液中の微粒子の表面電位を測定するゼータ電位測定装置は千葉県からものづくり認定製品の認定を受け、国内外の研究施設から民間企業等多数の実績を持っている。ものを砕く(メカトロニクス)、微弱な光を測る(エレクトロニクス)、画像を解析する(オプトロニクス)の3つの技術を核に、新しい技術を融合することで創造的かつ有用な製品の開発に取り組んでいる。中核技術事業内容創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る