中小機構 Bio200 インキュベーション バイオ系企業リスト_2019
14/80

中小機構 バイオ200創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー14SME Support,JAPAN Incubation bio-ventures list株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズOn-chip Biotechnologies Co.,Ltd.農工大・多摩小金井ベンチャーポート設立 2005年4月 代表取締役社長 小林 雅之 〒184-0012東京都小金井市中町2-24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポートTEL.042-385-0461http://www.on-chip.co.jp/info@on-chip.co.jp合同会社カーバンクル・バイオサイエンテックCarbuncle BioScienTech Limited Liability Campanyクリエイション・コア京都御車設立 2007年4月代表社員 澤田 石一之〒617-0853京都府長岡京市奥海印寺谷田40番地の26  TEL.075-748-1915cbst_cbst@me.com株式会社カイオム・バイオサイエンスCHIOME Bioscience Inc.和光理研インキュベーションプラザ設立 2005年2月代表取締役社長 藤原 正明〒151-0071東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館12FTEL.03-6383-3561http://www.chiome.co.jp/info_mail@chiome.co.jpライフサイエンス分野における受託研究により、クライアント様の技術革新と事業発展に貢献します。・ライフサインエス分野の受託研究・調査・コンサルティング・ライフサイエンス分野新規参入の支援(研究開発・事業化・連携または協業先紹介)・生化学研究試薬・各種モノクローナル抗体・ELISAキットの開発と販売専門知識と技術、経験を有する研究者自らが研究開発に携わり、クライアント様の課題解決にあたります。技術シーズやソリューションの提案を通し、クライアント様の技術開発、事業化のサポートを行っています。ライフサインエス分野への新規参入をご検討の際には、是非ご相談ください。受託実績:・バイオセンサー反応場へのバイオ素子の固定化 ・SPR免疫センサによる化学物質測定系構築・抗体誘導のためのハプテン分子の設計と合成・免疫原の合成・誘導が困難なハプテン分子等特異的モノクローナル抗体作製・廃資源バイオマス中の有用物質の探索・創薬ターゲット調査・機能性食品事業化FS・新規体外診断技術事業化FS など中核技術事業内容世界初! マイクロ流路チップを用いたフローサイトメーター/セルソーターを開発当社は世界に先駆けマイクロ流路チップを用いたセルソーター“On-chip Sort”を開発・製品化しました。本製品を中心に細胞研究用の装置を国内外の製薬会社や大学研究機関に販売しています。セルソーターとは、細胞が混濁している液体を高速に流し、個々の細胞を解析し、且つ特定の細胞を分離・回収できる装置で、細胞研究では必須の装置です。当社のセルソーターは、既存製品とは全く異なる細胞分離機構を独自開発し、且つマイクロ流路チップを採用することにより従来装置にはない以下の特長を実現しました。① 細胞にダメージを与えない② 前回サンプルが残留/混入しない③ 培養液や海水中のサンプルも分離可能④ オイル中に分散する水滴(エマルジョン)を大きさや蛍光量で分離可能2016年春よりマイクロウェルプレートの各ウェルに確実に1個ずつ細胞を分注できる装置を発売予定です。中核技術事業内容人類社会への貢献のため、「100%の治療効果を追求するヘルスケア・イノベーター」を目指します。独自の創薬基盤技術であるADLib®システムを核とした抗体医薬品の研究開発支援及び研究開発やリード交代の開発および導出を行う。製薬・診断薬企業やバイオ企業等との創薬企業のクライアントニーズに応じて、「創薬事業」と「創薬支援事業」を展開している。創薬基盤技術は、試験管内で、免疫によらない仕組みで多種多様な抗体が得られるモノクローナル抗体作製システムであり、このシステムを「ADLib®システム」(Autonomously Diversifying Library:自律多様化ライブラリ」)と呼んでいる。中核技術事業内容創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー創薬・診断再生医療・細胞機器・分析ヘルスケア化学品環境・エネルギー

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る