中小企業のための海外リスクマネジメントマニュアル詳細版
49/114

- 49 - 操業段階 ■従業員を教育しよう • 従業員に対して、環境関連の法規制や、社内のルール等の教育を行いましょう。特に製造部門など、環境リスクに直接関係する業務に携わっている従業員に対しては、重点的に教育を行う必要があります。 ■規制対象のデータを計測・記録しよう • 規制対象のデータは定期的に計測し記録しましょう。基準値内であっても数値の急激な変化が見られる場合は、関連する設備にトラブルが発生している可能性があるため、点検を実施することが重要です。 ■定期的な監査を実施しよう • 海外拠点のルール遵守状況の監査を定期的に実施しましょう。現状の仕組みの有効性を確認したうえで、問題がある場合には管理体制やルールの改善を検討しましょう。 ■現地社会との円滑なコミュニケーションをはかろう • 環境汚染が発生した際に最も影響を受けるのは地域住民です。有事の際にスムーズに対処できるよう、日頃から地元の自治体や管轄する当局との関係づくりをしておきましょう。 <対策実施に際して支援が可能な外部機関> 相談内容 支援可能な外部機関 関連法令に関する情報を収集したい。 弁護士 ※P.103「海外進出支援を行う公的機関等」もあわせてご確認ください。

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る