中小企業のための海外リスクマネジメントマニュアル詳細版
101/114

- 101 - 危機発生時における対応事項リスト(記入例④) 危機種別 地震 想定シナリオ 進出先において大規模地震が発生する 項目 対応事項 海外拠点 日本本社 安全確保 自衛措置 ・自らの生命・身体の安全確保 緊急措置 初期消火活動 ・火災発生の場合、消火設備機器による消火活動実施 ・火災発生の可能性がある設備を停止 避難誘導 ・火災発生の場合、適切な経路で役職員等の避難誘導を実施 負傷者対応 ・負傷した役職員等の手当てを実施 継続対応 本社への連絡 ・日本本社へ地震発生および自社状況の報告を実施 社内情報共有 ・現地からの報告内容を社内で共有、現地との連絡体制を整備 情報収集 ・当該地震情報を各種報道等から確認 情報収集 ・公開情報(報道機関、外務省等)・非公開情報(取引先等)から情報入手を試みる 安否確認 ・役職員および帯同家族の安否を確認・把握 駐在員家族への連絡 ・日本国内の駐在員家族に電話連絡 役職員等への指示 ・役職員等へ二次災害の防止・安全確保に関わる各種指示を実施 ・自社施設の被害状況確認を指示 現地への対応指示 ・定期的な連絡および安否確認、生存者の安全確保、二次災害への備えを指示 在外公館への連絡 ・現地の大使館等へ被害状況等の情報共有 二次災害防止措置 犠牲者・負傷者対応 ・負傷者の救護、犠牲者遺族・負傷者家族への連絡 拠点内外の危険区域 把握 ・拠点周辺地区の被害状況把握 ・危険区域の特定と情報共有 行政対応 ・現地警察等からの指示があった場合、その内容確認、対応実施 衛生対応 ・簡易トイレ等の設置

元のページ  ../index.html#101

このブックを見る