メニューをスキップしてコンテンツへ

ベンチャープラザとは

 ベンチャープラザは、中小・ベンチャー企業が投資家と出会うためのビジネスプラン発表会です。

 中小・ベンチャー企業が、ベンチャーキャピタル等の投資家に対して、自社のビジネスプランのプレゼンテーションを行うことで、必要な事業資金を得る機会となります。

 中小機構は、日本の中小・ベンチャー企業の発展を目的に、「ベンチャープラザ」を毎年開催しています。

お知らせ

2015年12月03日
ベンチャープラザ近畿2015 発表順が決定しました。

ベンチャープラザの特長

過去の開催の様子

  1. ベンチャー企業と投資家が効率よく出会える
    ベンチャーキャピタル、中小・ベンチャー企業の支援に力を入れている金融機関、メーカー、商社等、さまざまな投資家が多数来場します。
  2. 選りすぐりの企業が集結
    都道府県の中小企業支援センターや、中小機構がこれまで支援してきた企業など、選りすぐりの企業がビジネスプランを発表します。中小企業支援センターや中小機構は、ビジネスプランのブラッシュアップもサポートしています。

各ベンチャープラザの概要

ベンチャープラザ ファンドin Tokyo

中小機構本部が主催。プレゼンテーションする企業を全国から集めたベンチャープラザの全国版。

 

ベンチャープラザ近畿

中小機構近畿が主催。プレゼンテーションする企業を近畿エリアから集めた地域版のベンチャープラザ。

 

※「ベンチャープラザ」は、独立行政法人中小企業基盤整備機構の登録商標です。

ベンチャープラザへの参加方法

  1. 中小企業の皆様
    ベンチャープラザへの参加は、各都道府県の中小企業支援センターや中小機構の経営支援を既に受けており、独創的なビジネスプランを持つ中小・ベンチャー企業等を対象としています。
    まずは、各都道府県の中小企業支援センターか、中小機構の経営相談(無料)へご連絡ください。
    ※ベンチャープラザ近畿については、中小機構等の支援を受けていない企業を一般公募することもあります
  2. 投資家の皆様
    各ベンチャープラザにより、参加要件が異なります。各ベンチャープラザのお問合せ先へご連絡ください。

ページのトップへ