起業家をサポート >  経営相談 >  経営自己診断システム

経営自己診断システム

経営自己診断システムとは、自社の財務データを入力するにより
・ 財務分析
・ 国内同業種の中小企業の中での位置づけ
・ 経営危険度

を確認するためのシステムです。

同経営自己診断システムには一般社団法人CRD協会(新規ウィンドウ表示)の100%子会社であるCRDビジネスサポート株式会社(新規ウィンドウ表示)から提供いただいた、全国の中小企業200万社以上の財務データと35万社以上のデフォルトデータが蓄積されており、入力いただいた自社のデータと対比することが可能です。

利用料は無料で、登録も不要です。

 

ご利用方法

自社の財務諸表をご用意の上、以下からアクセスしてご利用ください。

経営自己診断システム(新規ウィンドウ表示)

 

よくあるご質問

Q1: 自社の業種について確認するにはどうしたらよいですか?

A1: 経営自己診断システムでは日本標準産業分類(平成25年10月改定版)(新規ウィンドウ表示)に準拠した業種区分データを使用しています。日本産業分類を参考に、一番近いと思われる業種区分で入力してください。

 

Q2: 「診断」をクリックしても結果がでないのですが、どうしたらよいですか?

A2: ご利用されているブラウザをご確認ください。経営自己診断システムの推奨ブラウザはInternet Explorerとなりますので、それ以外のブラウザをご利用の場合は、Internet Explorerでお試しください。

 

Q3: 経営自己診断システムの財務データはいつのものを使っていますか?

A3: CRDビジネスサポート株式会社からデータの提供を受け、毎年1回(4月頃)更新をしています。

 

その他、不明な点については、よくある質問(新規ウィンドウ表示) をご確認ください。

お問い合わせ

中小機構 経営支援部 経営支援課(経営支援担当)
電話:03-5470-1564 (受付時間:平日9時30分〜18時15分)