コンテンツへ

掛金総額が320万円に達しているご契約者さまのお手続きについて

平成23年9月末時点で掛金総額が320万円の上限額に達し、掛金の積立てを停止しているご契約者さまには、平成23年10月以降も掛金の請求は行いません。積立て再開を希望される場合は、お手続きが必要となります。以下の図で必要な手続きをご確認ください。
なお、掛金の積立て再開のお手続きは、平成23年9月5日から受付けを開始しています。

平成23年9月末時点で、掛金総額が320万円の上限額に到達し、掛金納付を停止しているご契約者さま 掛金納付再開始届出書(様式(中)213) 掛金納付再開始届出書(様式(中)213) 掛金前納申出書(様式(中)214) 掛金納付再開始届出書(様式(中)213) 掛金月額変更申出書(様式(中)210) 掛金納付再開始届出書(様式(中)213) 掛金月額変更申出書(様式(中)210) 掛金前納申出書(様式(中)214)

注意事項1
お手続きに必要な各様式は、加入手続きを行った委託団体または代理店の窓口で受け取れます。
注意事項2
長期間掛金の引き落としが停止していた場合等は、別途「掛金預金口座振替申出書」(様式 中 105)が必要になることがあります。
注意事項3
住所などに変更があった場合は、別途「契約変更届出書」(様式 中 113)によるお手続きが必要です。
注意事項4
すでに「掛金納付掛止届出書」(様式 中 211)のお届けにより掛止めしているご契約者さまが積立てを再開する場合のお手続き方法も同様です。

<参考>制度改正に伴う貸付限度額の変更と経過措置について

制度改正時点で掛金総額(掛金の積立額)が320万円に達しているご契約者さまについて、制度改正(掛金の積立限度額の引上げ)によって、掛金総額が320万円の場合の貸付限度額が引き下げられる影響を緩和するために経過措置が設けられます。
ただし、平成23年10月以降に掛金の積立てを再開する場合は、経過措置が適用されなくなりますのでご注意ください。

一時貸付金の貸付限度額に関する経過措置については、以下を参照してください。