コンテンツへ

掛金総額が320万円に達していないご契約者さまのお手続きについて

平成23年10月以降に掛金総額が320万円に到達した場合は、掛金の積立ては停止にならず継続します。積立ての継続を希望されない場合は、「掛止め」のお手続きが必要です。

平成23年10月以降、掛金総額が320万円に達するご契約者さま 掛金納付掛止届出書(様式(中)211)

注意事項1
お手続きに必要な各様式は、加入手続きを行った委託団体または代理店の窓口で受け取れます。
注意事項2
掛金の掛止めには、掛金総額が掛金月額の40倍に達している必要があります。
なお、平成23年10月から平成23年12月末までに掛金総額が320万円に達したご契約者さまには、中小機構からその旨をご連絡いたします。