コンテンツへ


個人事業を相続により承継した場合、どのような手続きをすればよいですか。


個人事業を相続で承継した場合、次の条件をすべて満たしていれば、『契約承継申出書(見本PDF:192KB)』(様式 中 501)を提出することで共済契約者の地位を引き継ぐことができます。

共済契約を承継するための条件

  • 中小企業者であること
  • 加入条件を満たしていること
  • 現契約における共済金や一時貸付金の返済、およびこれらに関する違約金の支払いの義務を引き受けること
  • 事由が生じてから3ヶ月以内に申し出ること

共済の加入条件については、「加入条件を教えてください。」を参照してください。
手続きに必要な書類は、以下のとおりです。

1. 中小機構の書類

  • 契約承継申出書(様式 中 501) (※1)
  • 掛金預金口座振替申出書(変更用) (様式 中 105)
  • 重要事項確認書 兼 反社会的勢力の排除に関する同意書(※2)

2. 添付書類

  • 新共済契約者の印鑑証明書(※3)
  • 新共済契約者が現共済契約者の相続人であることが明らかな戸籍謄本(※3)
  • 現共済契約者の死亡が登記された戸籍(除籍)謄本(※3)
  • 共済契約締結証書(※4) (※5)
※1
『契約の地位の譲り受け及び事業の相続承継に関する書面』(D欄)も記入する必要があります。書面は契約承継申出書を見開いた右側上段にあります。
※2
内容を確認のうえ、同意された場合は、承継申出者ご自身で記名・押印(実印が必要です)をしていただきます。
※3
発行後3ヶ月以内の原本が必要になります。
※4
共済契約締結証書を紛失した場合は、「紛失届」を作成し、共済契約締結証書を紛失したことを記入して添付してください。
※5
承継申出者がすでに共済に加入している場合は、申出者の共済契約締結証書も必要です。

申出書などは、登録取扱機関に提出してください
手続きの詳細については、以下のページを参照してください。
共済契約の承継の手続きの流れ(個人から個人への相続の場合)

なお、申出書などは以下の方法で受け取れます。

[注意事項]
共済契約の承継の手続きは、個人事業を相続により承継してから3ヶ月以内に行ってください。3ヶ月を経過した場合は、登録取扱機関へお問い合わせください。

Get Adobe ReaderPDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンを
ダウンロードして下さい (新規ウィンドウで表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。