コンテンツへ


異なる業種を兼営しています。加入条件の業種はどうなりますか。


複数の異なる事業を兼営している場合は、その企業の実態(従業員の配分、営業規模や営業収益の割合など)から「主たる事業」を総合的に判断します。