コンテンツへ

掛金は税法上どのように取り扱われますか。


個人事業主の場合

税法上、各年の事業所得の必要経費に算入できます。
必要経費に算入する方法は、「掛金を必要経費に算入するには、どうすればよいですか。」を参照してください。

法人の場合

税法上、各事業年度の損金に算入できます。
損金として算入する方法は、「掛金を損金に算入するためには、どうすればよいですか。」を参照してください。

[補足事項]
前納掛金については、前納の期間が1年以内であるものは、支払った日の属する年分または事業年度において必要経費または損金に12ヶ月分まで算入できます。

前納の期間が1年を超えるものは、各事業年度末(決済期)において、期間の経過に応じて、必要経費または損金の額に算入できます。