コンテンツへ


解約手当金の支給額が掛金総額より少ないのですが、なぜですか。


解約手当金は掛金総額に掛金の納付月数に応じた支給率を乗じて得た額となります。掛金の納付月数が40ヶ月未満の場合、解約手当金の額は掛金総額を下回る場合があります。なお、共済金の貸付けを受けた場合は、貸付けを受けた金額の10分の1が納付した掛金から控除されます。
そのため、解約手当金の額と掛金総額に差異が生じている可能性があります。
また、解約手続きをした月の掛金は中小機構で収納の確認が取れていないため、確認後にあらためてお返しします。