コンテンツへ


解約の手続きをした場合、掛金はどのくらい戻ってきますか。


解約の手続きをした場合、掛金総額に掛金の納付月数に応じた支給率を乗じて得た額を「解約手当金」として受け取ることができます。
なお、任意解約であれば、掛金の納付月数が40ヶ月以上で、共済金の貸付けを一度も受けていない場合は、払い込んだ掛金の全額を受け取ることができます。

解約手当金の支給率

掛金の納付月数 任意解約 みなし解約
(※1)
機構解約
(※2)
1ヶ月〜11ヶ月 0% 0% 0%
12ヶ月〜23ヶ月 80% 85% 75%
24ヶ月〜29ヶ月 85% 90% 80%
30ヶ月〜35ヶ月 90% 95% 85%
36ヶ月〜39ヶ月 95% 100% 90%
40ヶ月 100% 100% 95%
※1
「みなし解約」とは、個人事業主が亡くなった場合や、法人(会社など)を解散した場合、法人を分割(その事業のすべてを承継)した場合、個人事業のすべてを譲渡した場合に該当します。
※2
「機構解約」とは、12ヶ月分以上掛金の払込みが滞った場合に、中小機構が行う解約です。

[注意事項]
掛金の納付月数が12ヶ月に満たない場合は、解約手当金は受け取れません。