コンテンツへ


一時貸付けを受けたいのですが、いくらまで借りられますか。


一時貸付けは、機構解約(※)の場合に受け取れる解約手当金の95%を限度額として、最低30万円から5万円単位で借りることができます。詳細な金額については、共済相談室にお問い合わせください。

一時貸付金の貸付限度額の計算方法

掛金の納付月数 一時貸付金の貸付限度額
1ヶ月〜11ヶ月 利用できません。
12ヶ月〜23ヶ月 掛金総額 × 75% × 95%
24ヶ月〜29ヶ月 掛金総額 × 80% × 95%
30ヶ月〜35ヶ月 掛金総額 × 85% × 95%
36ヶ月〜39ヶ月 掛金総額 × 90% × 95%
40ヶ月以上 掛金総額 × 95% × 95%
掛金総額が800万円の場合 掛金総額 × 100% × 95% (760万円)
「機構解約」とは、掛金を12ヶ月分以上滞納した場合に中小機構が行う解約です。