コンテンツへ


現在、一時貸付けを受けています。貸付金を返済するには、どのような手続きをすればよいですか。


一時貸付けを受けている場合、一時貸付金返済期日の約1ヶ月前に『返済期日等のお知らせ』、『償還金の振込票』および『一時貸付金の請求書』を送付します。
貸付金を返済するには、『償還金の振込票』で最寄りの金融機関から、指定期日までに返済額を振り込んでください

[注意事項]
返済期日までに必要な手続きがない場合は、年14.6%の違約金(延滞利息)が発生します。また、返済期日から5ヶ月を経過してもなお返済すべき一時貸付金または納付すべき違約金等がある場合は、掛金を取り崩して一時貸付金の返済または違約金等の納付に充当します。

[補足事項]
一時貸付金の返済が難しい場合は、借換えの手続きを行って新たな利息を支払うことで、一時貸付金を返済することなく、再度、1年間の貸付けを受けることができます。