コンテンツへ


現在、複数の貸付けを受けており、貸付金を返済しています。一部の貸付金の返済ができなかった場合、どうなりますか。


複数の貸付金を返済していて一部の貸付金の返済(口座引き落とし)ができなかった場合、引き落としされた返済金は、以下の順序で充当されます。

1. 未払いまたは請求している返済金へ充当

未払いになっている返済金および請求している返済金のうち、貸付締結日の古い返済分から順に充当します。

2. 違約金へ充当

返済金への充当が終わると、違約金(延滞利息)への充当を行います。

[注意事項]
返済期日までに貸付金の返済がない場合は、年14.6%の違約金(延滞利息)が発生します。また、返済期日から4ヶ月を経過しても返済がない場合は、掛金を取り崩して返済金および違約金に充当し、さらに返済期日から5ヶ月を経過しても返済がない場合は、すべての貸付金について期限の利益を喪失し、貸付残高および違約金を一括返済することになります。

その他、共済金の返済に関するご相談は「倒産防止共済貸付管理課」にお問い合わせください。

【中小機構 代表電話番号】

電話 : 03-3433-8811
受付時間 : 平日 午前9時〜午後6時
電話交換手に「倒産防止共済貸付管理課」と伝えてください。